指導理念


 

お子様一人ひとりと真摯に向き合い

丁寧に心を込めて指導することを

大切にしております。

 

    

確実な基礎力、豊かな感性を育み

表現豊かな演奏を目指します

 

「確実な基礎力」を身につけると「こう弾きたい!」という思いを表現できるようになり、それが生涯ピアノを友として音楽を楽しむことに繋がると考えております。

将来弾きたい曲があった時、自力で弾けるような力をつけてほしい」というのが私の願いです。

 

そのため音楽の素晴らしさや面白さを知ってもらいたいという思いで、導入期より「正しい奏法、楽譜を読む力、ハーモニーを感じる力、音色を聴き分ける力」といった総合的な音楽力を着実につけるレッスンを行なっております。

 

またレッスンでは「褒めて伸ばす」をモットーに、まだ小さいからと上限を定めたりせずどの生徒さんにも可能性があると信じながら指導しております。

 

     

「最後までやり遂げる力」を育み

お子様の可能性を最大限に引き出します

 

目標や本番に向けて日々の練習を重ねることにより「最後までやり遂げる力」を育みます。

当教室ではその一環としてステージ経験を大切にしており、発表会や弾き合い会の他、コンクールに挑戦する生徒さんもいらっしゃいます。

 

本番という一つの目標に向けて曲と真摯に向き合い努力すること、人前で演奏を披露すること、同年代の子ども達の演奏を聴いて刺激を得ること。

これらは上達やモチベーションアップに繋がり、ピアノがよりかけがえのない特別なものとなっていきます。


またこういった経験は子どもたちにとって大きな自信となるようです。

舞台を経験した生徒さんからは「ピアノがもっと好きになり、上手になりたいと思うようになった」「自信がつき、ピアノ以外の物事にも積極的に取り組めるようになった」とのお声をいただいております。