· 

ピアノ補助ペダル・アシストペダルのご紹介

こんばんは。

 

ここ最近生徒さんから

補助ペダルのオススメを聞かれることが

増えてきましたので

こちらの記事にまとめてみました!

 


足裏をきちんと床につけた状態で

ピアノを弾くことは非常に大切です。

足裏を床につけることで正しい姿勢が保たれ、

しっかりとした音色が出るからです。

 

曲中にペダルが出てこないうちは

手作りのもので十分ですので

ご自宅にも足台のご用意をお願いしております🙏

 

今回の記事が補助ペダルご購入の際の

お役に立てましたら幸いです。



※前半でご紹介する補助ペダルは

身長110cm〜130cm程、

後半でご紹介するアシストペダルは

身長130cm〜140cmのお子様が

対象となります。


※テレマン楽器さんのサイトも

補助ペダルについて詳しく記載があり、

とてもわかりやすいです。

是非ご覧ください。

→ ピアノ補助ペダルの選び方!|テレマン楽器(楽器PLAZA)♪

 



【①ピアノ補助ペダル M-60】


レッスン室にあるものです。

多くのホールが備えつき補助ペダルとして

使用しています。

 

ペダルの踏みがとてもスムーズ。

多くの補助ペダルの中で、

こちらが一番本物のペダルの踏み心地に

近いようです。

 

110cm前後の小さなお子様から使用可能。

補助ペダルの中で一番高く調整できます。

 

未就学児の小柄な生徒さんだと

足が届かない補助ペダルもあるので、

確実に足を届かせたい場合は

こちらがオススメです。

 

 

【②ピアノ補助ペダル SP-D】

参照:テレマン楽器

 

身長110cm超えてきたら

こちらもとてもオススメです!

コストパフォーマンス◎

 

M-60の次に高さのある補助ペダルてす。

 

8段階調節なので、高さ調整が楽です。

毎回同じ高さで調節できるのは

かなり魅力的です。

 

 

まだペダルを使わないうちは

床からの高ささえあれば、次のような

ペダルなしの補助台もオススメです。

 

 

【③ピアノ補助台 AX-RH】

参照:島村楽器 オンラインストア

こちらは6段階で高さを調整できるようです。

 

 

 

続いて、身長130cm〜140cmのお子様向け!

ペダルと補助台が別々のタイプです。

 

 

【④アシストペダルハイツールセット+アシストスツール】

 

定番品です。

 

アシストペダル(ペダル部分)、

アシストスツール(補助台部分)共に

組み立てに時間を要しますが、

事前に準備すれば全く問題ありません!

 

円滑なペダリングのために

バネがついており、その関係で

ペダルが多少前後に動きます。


前後の動きが気になる方もいるようですが、

コツを掴めば安定した動きで

踏むことが出来ます。

 

前後に動くのがどうしても気になったり、

より本物のペダルに近い踏み心地のものが

いい!という方は「リトルピアニスト」や

イージーペダル」といったペダルが

オススメです。


※イージーペダルの場合、

アシストペダルのように長く使うには

オーダーする必要があります。




ちなみに教室では、

イージーペダル+フィットボードを

導入予定です。


今はアシストペダルを使っているのですが、

ピアノ教室の場合、レッスンの始まりを

スムーズにするために

サッと高さ調整できるものが重宝します!



補助ペダルを探している方の

ご参考になりましたら幸いです🙏✨







座間市相模が丘 みやうちピアノ教室です♫

座間市立相模中学校より徒歩1分
イオンモール座間より徒歩7分

◎レッスン紹介はこちらから
◎コースと料金はこちらから

秋の無料体験レッスン、ご入会受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

📞 070-8365-4722
📩 yukimiyauchi.pf@gmail.com

下記フォームからもお申込みいただけます。