レッスン紹介

指導理念


座間市みやうちピアノ教室 指導理念

 

1. 確実な基礎力を身につけ、

表現豊かな演奏を

 

みやうちピアノ教室では『導入期の基礎固め』を大切にしております。

正しい奏法、読譜力、和声を感じる力、音色を聴き分ける力。

ピアノを始めて間もないうちからこれらの基礎をしっかりと学び、本物に触れることが楽しく表現豊かに演奏することにつながると考えております。

 

導入期に「確実な基礎力」を身につけておくと後々どのような曲も楽に弾けるようになるので、ピアノを生涯の友として音楽に親しむことができるでしょう。

 

そして生徒さん自身が「どう弾きたいか」心の中から溢れる感情やイメージを大切にし、豊かな美しい音を奏でることを目標とします。

 

 

2. 最後までやり遂げ、

目標を達成する力を育む

 

目標や本番に向けて日々の練習を重ねることにより「目標を達成する力」を育みます。

 

当教室ではその一環として、ご希望の方にはコンクール出場をお勧めしております。

人前で演奏を披露するステージを経験し、本番に向けて曲を深く掘り下げることはピアノ上達への近道とも言えます。

 

努力したことは何ものにも代え難い「自信」に繋がり、日常のあらゆることに積極的に取り組むことができるようになります。

 

 

3.「褒めて伸ばす」指導で

自信をつける

 

楽しく前向きな気持ちでピアノに向かえるよう少しでも成長が見られたらたくさん褒め、やる気や自信の出るレッスンを心掛けております。

また、私自身も生徒さんと一緒に音楽を楽しむ姿勢を大切にしております。

 

まだ小さいからわからないだろう等、上限を定めたりせず、どの生徒さんにも可能性があると信じながら指導しております。

 

レッスン室


 

YAMAHA C3 グランドピアノ

SAUTER 114 アップライトピアノ

ピアノを2台完備。

豊かな響きを体感していただけます。


レッスン教材


バスティン・メソード

当教室では導入教材として、主にバスティン・メッソードシステムを採用しております。

ピアノを演奏する上で欠かせない読譜力、テクニック力などの基礎を身につけるのに最適な教材です。

 

はじめから正しい奏法を学べるので豊かな響きのある音が出せるようになり、表現豊かな演奏に欠かせないテクニックが身につきます。

 

また別冊の音楽ドリルでも音楽の知識を身につけていきます。

 

バスティンシリーズ修了後、無理なくブルグミュラー25の練習曲やツェルニー30番に入っていくことができます。

 

 

《ピアノをはじめて4か月 年中の生徒さん》

♪パイのおみやげ

バスティン ピアノパーティーBより


《ピアノをはじめて半年 年中の生徒さん》

♪せいじゃがまちにやってくる

バスティン ピアノパーティーBより


 

 ♪バスティン・メソードとは?

ピアノの演奏技術を身につけるだけでなく、音楽のあらゆる分野を学習しながら幅広い音楽体験がなされるように構成された学習法で、1970年代にアメリカのジェーン&ジェームス・バスティン夫妻により、創始・開発されました。

 

♪導入期より全調の導入

バスティン・メッソードの順序だてたレッスンを取り入れることにより、ピアノ鍵盤の理解、リズム、聴音、和声、創作、即興演奏、移調、理論、テクニック、アンサンブル、初見、読譜、鑑賞、バランスの取れたレパートリーなど音楽のあらゆる分野を習得することができます。

 

♪生徒の学ぶ力を育てる

これにより、生徒が早い段階から自分で学習する力を身につけることができ、「演奏を楽しむ」という音楽の本質的な価値を生徒に理解してもらうことができます。

 

♪3つの特徴

バスティンメソードでは、次の3つを柱にしてレッスンを進められるように構成されています。

 

(1)数こなし式

宿題は楽に弾ける曲を数多く持たせること。

生徒にとって難しい曲を1,2曲宿題に出すのではなく、楽にこなせる曲を数多く弾かせます。

これにより生徒は楽譜を見ていろいろな曲がたくさん弾けたということに達成感を得ることができて、ますますやる気を起こすはずです。

同じレベルの曲を数多くこなすことで、自然と真の読譜力がつき、初見もできるようになります。

ちなみにバスティン先生は30分のレッスンで短い曲を15曲以上弾かせます。

 

(2)かみくだき式

新しい課題を無理なく導入するために、予備練習から基礎、応用、展開へと順序よく自然と指導できるようつくられています。

また主教材の「ピアノ」はもとより、「パフォーマンス」「テクニック」「併用曲集」などの教材を使って、いろいろな角度から、手を変え品を変えひとつの課題について学習できます。

たとえば、スタッカートを学習する場合は予備練習、応用、展開へとステップアップしていくうちに形になっていきます。

 

(3)逆算式

指導者は常にゴールから逆算して、生徒一人ひとりのそれまでの道のりを考えること、4期(バロック、クラシック、ロマン、近現代)の名曲を弾くために必要な音楽理論、テクニック、音楽性などを導入期から、各時期に合わせた形でバランスよく取り入れていきます。

特に全調の移調は早い時期からの導入を目指し、4つにグループ分けして教えています。

レッスングッズ


 
レッスングッズを使いながら楽しくレッスンを進めていきます♫
奏法をわかりやすく学ぶことで、豊かな音が出るようになります。

発表会


座間市みやうちピアノ教室 ピアノ発表会
相模女子大学 グリーンホール(多目的ホール)

 

年に1回、日頃の成果を披露する場としてホールにて発表会を開催します。


ステージで演奏し、教室のお友達の演奏を聴くことは大きな学び、貴重な経験となります。


2022年1月30日(日)相模女子大学グリーンホールにて開催予定です。


コンクール


当教室はご希望の方にはコンクール出場をお勧めしております。


コンクールを一つの目標として曲を深く掘り下げていきステージで演奏すること、同年代のお友達の演奏を聴いて刺激を得ることは貴重な経験となります。


本番に向けて日々の練習を重ねたことは何にも代え難い自信となり、この先あらゆることに積極的に取り組めるようになります。

 

・ピティナ・ピアノコンペティション

・ブルグミュラーコンクール

・かながわ音楽コンクール など

 

出場希望のコンクールがございましたらお気軽にご相談ください。